×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


田代元湯2009秋

2009/10/10 8:00

 台風が過ぎて2日目。 青空の広がった八甲田の紅葉も見たいので田代元湯に行くことにした。
 家を8時に出たので道路は少し混んでいたものの、あっさりと到着した。

 民主党が圧勝したことで、駒込ダムの建設は中止になるかもしれないし、このまま続行するかもしれない。
 それでも続行されたら、あと何年かで田代元湯はダムの底に沈んでしまうかもしれない。
 歴史的な山岳事故で無くなった八甲田の遭難事故。 映画「八甲田山」の舞台だ。
 彼らは遭難しなければ田代元湯「やまだ館」に宿泊していたことになる。

 ここの温泉は日本でも数少ない車で行けない秘湯で、いまだに普通に入浴できるほど愛好者による保全がされている温泉だ。
 いや、掃除しないと入れない事のほうが多いかな。でも、掃除して入れるのなら無料なんだから掃除しようね。

飲み物の購入はここで「銅像茶屋」 まずは喉を潤すものをここで購入しとくと良い。 田代元湯から一番近い自販機はここしかない。

 十和田市方面からの人は又兵衛茶屋で買いましょう。

 とりあえず、朝飯を食っていないのでおでんでも食おうと思ったらまだ準備が出来ていなかった。
 ここのおでんは値段の割に小腹を満たせる量なのでオススメである。
というわけでいつもの場所から入山 いつもの場所から侵入して、車を田代元湯への入浴者用駐車場に置く。
 どうやらマナー違反が多いのか、砂利道からの道から入ると道路は駐車場へ誘導されて冊で工事現場に入れないようになっていた。

 で、車を置いて歩く。

 温泉までは全部下りなのでらくちん。

 看板は見てのとおり新しいものに変わっていた。
で、泥濘なので長靴は必須だべし山道は泥濘で酷いものだ。
長靴は必須だよ。
橋は曲がってたけどまだ渡れる
綺麗な紅葉はもうちょい先だなぁ・・・
まだ崩れていなかったのか・・・

でも、気をつけないと滑って落ちるね。
やまだ館の看板

歴史を感じるなぁ・・・
こっちは藻が凄いわ・・・
お、すぐに入れそうだ。
こっちは相変わらずですな。
(元、内湯だった場所)
(* ̄(エ) ̄) い~い湯~だ~べ~♪
あと、何回来れるかな。
じゃぁ、また来るかも

(* ̄(エ) ̄)ノシ さらば 田代元湯

あおもりくまの何にもね~よ!? へ戻る